山口公認会計士・税理士事務所

広島市南区にある山口公認会計士・税理士事務所です。当事務所は、記帳・税務申告にとどまらず、貴社の経営において必要な財務・経営相談を重視する公認会計士・税理士事務所です。

税務ブログ

いよいよスタート! クレジットカード納税

投稿日:

 平成29年1月4日からクレジットカード納付制度がスタートする。これは、国税の納付手段の多様化を図る目的で平成 28年度税制改正で決まったもの。国税庁が指定した納付受託者(トヨタファイナンス株式会社)へ、国税の納付の立替払いを委託することにより国税を納付する手続きとなる。

 対象となるのは、所得税、法人税、消費税、相続税、贈与税、酒税などほぼすべての税目。加算税や延滞税などの付帯税も対象となる。

 クレジットカード納付による最大のメリットは、実質的に納付期限が延びること。納付の手続きをしてから、実際に口座から現金が引き落とされるまでタイムラグが生じるためだ。法定納期限内に納付手続きを完了していれば、引落とし日が納期限後になった場合でも延滞税は発生しない。

 このほかメリットとしては、24時間利用可能、現金を持ち歩かなくてよい、時間や交通費が節約できる等々。またクレジットカードを利用することで、ポイントやマイレージが獲得できるというのも大きな魅力だ。

 一方、デメリットとしては、納付税額1万円当たり76円(税別)手数料がかかること。そして、納税証明書の発行に時間がかかること。国税庁では「3週間程度かかる場合もあります」としており、金融機関から融資を受けるなど、納税後すぐに納税証明が必要となるケースなどでは注意が必要だ。また、クレジットカードを利用することによる情報漏えいのリスクも頭に入れておく必要がある。

 クレジットカード納付は、インターネットの利用が可能なパソコン、スマートフォンおよびタブレット端末から「国税クレジットカードお支払サイト」へアクセスして行う。手順は、「利用規約の確認」→「クレジットカード納付を行う税金の情報を入力」→「利用するクレジットカードの情報を入力」→「入力内容の確認」→「納付手続の確定」→「手続きの完了」。最後の完了ページの画面を印刷する等して保存しておくと便利だ。

 選択肢が増えるという意味では大筋で歓迎ムードのクレジットカード納付制度。デメリットもあるので自己責任のもとで慎重に選択したい。

-税務ブログ

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

10月から「株主リスト」が登記の添付書類になる場合も

法務省は、商業登記規則等の一部を改正する省令(平成28年法務省令第32号)が本年10月1日から施行され、これに伴い、株式会社・投資法人・特定目的会社が登記申請をするに当たっては、一定の場合に、当該会社 …

no image

五輪とゴルフ場利用税は無関係―市町村連盟が税制堅持を要請していくことを確認

2016年07月18日 全国839の地方自治体でつくる「ゴルフ場利用税堅持のための全国市町村連盟」(代表世話人=薮本吉秀・三木市長)の幹事会が11月15日、東京都内で行われ、要請活動の方針について議論 …

no image

医療費控除での領収書添付不要に

 医療費控除の適用を受けるために必要となる医療費の領収書の確定申告書への添付が不要になる。平成29年分以後の確定申告書を平成30年1月1日以後に提出する場合に適用する。平成29年からスタートするセルフ …

no image

準確定申告で全相続人のマイナンバーを記入する行為に疑問の声

2016年07月18日 所得税の準確定申告では相続人が複数いる場合、マイナンバーを全相続人が記入しなければならないことになっています。そのため、これは相続人全員がマイナンバーを教え合う特定個人情報の提 …

no image

NISA口座は依然、非稼働口座が53%と過半数~金融庁

 金融庁では、平成26年1月からNISA(少額貯蓄非課税)制度が導入されてから2年を経過したことを踏まえ、NISAの利用状況や販売されている商品内容及び販売態勢等について総合的な制度の効果検証を実施し …